十二音音楽

じゅうにおんおんがく

 十二音音楽とは、アルノルト・シェーンベルクが1920年代に確立した十二音技法により作曲された音楽。十二音技法は、西欧音楽の12音音階の各音に平等の価値を与えることにより、伝統的な調性からの解放を図ったもので、20世紀音楽の主要な作曲法の一つとなった。十二音音楽を聴くことによってわれわれは、音楽に限らず「平等」という状態がいかに退屈で味気ないものであるかを存分に思い知ることができる。(CAS)

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード(ずっと下にもあります)

おすすめワード(ずっと下にもあります)

カテゴリーインデックス

読者のご指摘により、当サイトの引用、転載についての注意点を改訂しました。詳しくはトップページをご覧下さい。

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ