この辞典の使い方「し」で始まる言葉>七福神の意味、由来

カテゴリー:宗教、民間信仰、俗信

七福神

しちふくじん

 七福神とは、七人の福の神という意味で、福を呼ぶという評判の高い神様をインドや中国などから寄せ集めて編成したチームをいう。「宝船(たからぶね)」という帆船に乗っている姿で描かれる場合が多いので、ヨット競技かなにかに出場するらしい。

 七福神は、江戸時代、徳川家康に求められた天海僧正が苦し紛れに案出した福の神セットだという説がある。そのメンバーは、恵比寿、大黒天、毘沙門天(びしゃもんてん)、弁財天、布袋(ほてい)、福禄寿(ふくろくじゅ)、寿老人だが、役割分担は明確でなく、キャラがかぶっている神様もあり、いかにも寄せ集めの急造チームの感は否めない。船に乗っている姿は、とても競技に勝とうという意欲は見られず、編成した監督の責任が問われるところである。(CAS)

七福神 関連用語

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード(ずっと下にもあります)

おすすめワード(ずっと下にもあります)

カテゴリーインデックス

読者のご指摘により、当サイトの引用、転載についての注意点を改訂しました。詳しくはトップページをご覧下さい。

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ