シメる

しめる

 シメるとは、ヤクザな人々の愛用語で、相手をいためつける(主に肉体的に)という意味であり、「あの野郎、シメときました」などと使う。ヒモで首などを絞めるというときの「しめる」から来ているのであろう。「しめる」には「しめていこう!」などのように、気持ちをひきしめるといった意味もあるが、「あの野郎、シメときました」と報告したときのお兄さんは、「しっかりしろ、と気合いを入れておきました」などと生ぬるいことを言っているのでは決してなく、元気な仲間たちにはやはり暴力的な「シメる」がお似合いである。(CAS)

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード(ずっと下にもあります)

おすすめワード(ずっと下にもあります)

カテゴリーインデックス

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ