しぶしぶ、渋渋

しぶしぶ

 しぶしぶ(渋渋)とは、渋柿を食べてしまったときのような表情で、あるいは、そのような気分で、という意味。つまり「いや〜な気持ちで」ということ。相手になにか要求されたり、仕事を命令されたときに用いる言葉だが、そんなにいや〜な気持ちなら断ればよいのだが、「いやな気持ちだが引き受けた」というシチュエーションでのみ、この言葉は使われる。考えてみれば、そのような要求や命令を断る場合、われわれはにこにこ笑って「いやあ、お引き受けしたいところだが、残念ながら急用が入ってしまいましてね」などと言う(そんな仕事をしなくてもすむので、表情も明るいのだ)ので、「しぶしぶ」は断れないときに使う言葉で間違いないのである。(CAS)

しぶしぶ ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード(ずっと下にもあります)

おすすめワード(ずっと下にもあります)

カテゴリーインデックス

読者のご指摘により、当サイトの引用、転載についての注意点を改訂しました。詳しくはトップページをご覧下さい。

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ