錯覚

さっかく

 錯覚とは、感覚機能に異常がないのに事実とは異なる知覚を得ることをいう。つまり鏡を見て、「きれいなお顔だなあ」と思うことである。それが錯覚ではなかったとすると、いずれこの人物は周りからおだてられていい気になり、結局自分の本来の姿を錯覚することになる。

注:ところで、鏡を見て自分の顔を「きれいなお顔だな」と思うのは、価値観が一般人と違うという話なので、正確にいえば心理学の「錯覚」ではなく、単なる「思い違い」である。鏡の中の自分の顔が韓流スターの顔に見えた場合は、事実とは異なる知覚を得ているので「錯覚」といえる。(CAS)

この辞典の楽しみ方▼

新作・おすすめnews

◆リンゴ酒だったはず

サイダー

◆首相のこだわり

肝煎り、肝入り

◆八つには切れません

八つ裂き

◆「打つ」ってヘンだろ

手打ち蕎麦

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

→こちらへどうぞ

イラスト付解説

最新イラストはこの下↓

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

最新イラスト

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を