猿も木から落ちる

さるもきからおちる

 猿も木から落ちるとは、木登り上手なサルもときには木から落ちることがあるという意味で、その道に秀でた者でも時には失敗することがあるという例え。同種のことわざに「弘法にも筆の誤り」「河童の川流れ」などがあり、「弘法」は「サル」と並んでしばしば使われる。しかし「弘法」の方は、比較的レベルの高い才能や技術の持ち主がミスをおかしたさいに用いられるので、あなたの周囲で少しばかり仕事ができるからと得意になっているヤツの失敗を冷やかすつもりであるなら、「サル」の方をお勧めしたい。(CAS)

猿も木から落ちる ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード(ずっと下にもあります)

おすすめワード(ずっと下にもあります)

カテゴリーインデックス

読者のご指摘により、当サイトの引用、転載についての注意点を改訂しました。詳しくはトップページをご覧下さい。

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ