匙を投げる

さじをなげる

 匙を投げるとは、スプーンを投げるという意味だが、「飯がまずい」と言われた奥さんが旦那にスプーンを投げつけるとか、きらいな食べ物を無理やり食べさせられた子どもがキレて匙を放り投げるといったような家庭内のいざこざをいったものではなく、昔の医者が薬の調合をするための匙を投げ出す、つまり治療を放棄する、あきらめる(要するに患者が死にゆくのにまかせる)という状況をいう慣用句である。「匙を投げる」は、われわれ社会に起こるさまざまな事象を医者と患者に見立てて、例えば「将来立ちゆかなくなることが予想される国民年金について行政当局は、『自分の取り分さえ確保しておけば、あとはどうなってもいいか』と、とっくの昔に匙を投げているのではないだろうか」などと用いる。(CAS)

匙を投げる 関連用語

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード(ずっと下にもあります)

おすすめワード(ずっと下にもあります)

カテゴリーインデックス

読者のご指摘により、当サイトの引用、転載についての注意点を改訂しました。詳しくはトップページをご覧下さい。

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ