さき

 先(さき)とは、前方に突き出ている部分、先端といった意味で、そこから前方、行列などの前の方、行く手、訪問する相手など、前の方にあるものや進む方向のイメージでとらえられるものごとに用いられる。

 「先」は時間的な前後関係も表すが、時間の場合、自分の前にある時間ととらえれば「将来」であり、「先のことはわからない」「老い先短い」「先の総理大臣」などと用いられるが、時間を過去→現在→未来と並べた場合、前の方にあるのは「過去」なので、「先ごろ」「先ほど」「さっき(先)」などと過去を表す場合にも用いられ、日本語の筋が通っているようでその実まったくちゃらんぽらんな実情を象徴する言葉である。(CAS)

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード(ずっと下にもあります)

おすすめワード(ずっと下にもあります)

カテゴリーインデックス

読者のご指摘により、当サイトの引用、転載についての注意点を改訂しました。詳しくはトップページをご覧下さい。

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ