この辞典の使い方「さ」で始まる言葉>五月雨の意味、語源

カテゴリー:自然、天文、気象、災害

カテゴリー:行事、暦、時制

五月雨

さみだれ、さつきあめ

 五月雨(さみだれ、さつきあめ)とは、日本語では「皐月(サツキ:五月のこと)」に降る「雨(ミダレ:水垂れ)」という意味で、陰暦五月に降る雨をいう。当て字である漢字の字面からは新暦の五月頃に降るさわやかな緑雨、あるいは「五月雨式(さみだれしき)」という慣用句の印象から、継続的に降る小雨を連想させるが、旧暦五月は現在の六月頃にあたるので、五月雨はなんのことはないじめじめとうっとうしい梅雨であり、さらに「五月雨を集めてあつめてはやし最上川」(芭蕉)、「五月雨や大河を前に家二軒」(蕪村)という名句からも知れるように、長々と大量に降る雨でもある。五月雨は俳句の代表的な夏の季語であるが、字面にだまされて、現代の五月のすがすがしさや、ぱらぱらと小刻みに降る春の雨のような句を作っていては、遠い時代の風物に詳しい年寄り連中に嘲笑されるだけであるから、要注意である。(CAS)

五月雨 ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード

最新おすすめワード

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

(過去の作品も登場)

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ