この辞典の使い方「さ」で始まる言葉>三寒四温の意味、語源

カテゴリー:自然、天文、気象、災害

カテゴリー:行事、暦、時制

カテゴリー:四字熟語

三寒四温

さんかんしおん

 三寒四温とは、三日寒い日が続くとその後四日暖かい日が続くという意味で、本来は中国北東部や朝鮮半島の冬季の気候の特徴をいうが、日本では春先の暖かい日と寒い日が交互におとずれる気候にこの言葉を用いている。「三」も「四」もおおよその温暖の間隔と、語呂のよさから選ばれている数字であり、寒い日が三日で当番を追えて、四日勤務の暖かい日に業務をきっちり引き継ぐわけではない。しかし、暖かい日の方の勤務日数が一日長いことから、いよいよ春が近づいたという人々のうきうきした期待感がうかがえる言葉ではある。(CAS)

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード(ずっと下にもあります)

おすすめワード(ずっと下にもあります)

カテゴリーインデックス

読者のご指摘により、当サイトの引用、転載についての注意点を改訂しました。詳しくはトップページをご覧下さい。

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ