この辞典の使い方「さ」で始まる言葉>三人寄れば文殊の知恵の意味

カテゴリー:ことわざ、故事成語、名言、名句

三人寄れば文殊の知恵

さんにんよればもんじゅのちえ

 三人寄れば文殊の知恵の「文珠」は、仏教の神格で知恵や知識を象徴する「文珠菩薩」のこと。そこから「三人寄れば文殊の知恵」とは、凡人でも考えを寄せ合えば文珠菩薩くらいの知恵は出せるものだということわざ。日本では、個人の能力が発揮されるより、組織で協力して大きなことをなしとげるストーリーの方がよろこばれる傾向にあり、実際に成果を生んでいるが、「凡人」にも限度があり、現実には、三人寄り集まっても「烏合の衆」どころか「三ばか大将(アメリカのコメディグループThe Three Stoogesの日本語訳)」でしかないことが多い。(CAS)

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード(ずっと下にもあります)

おすすめワード(ずっと下にもあります)

カテゴリーインデックス

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ