この辞典の使い方「さ」で始まる言葉>三三五五の意味

カテゴリー:四字熟語

三三五五

さんさんごご

 三三五五とは、三人・三人・五人・五人という意味で、だだっぴろい公園やあまり有名でない観光地、また、たいして興味のない集会などで、こちらに三人、あちらに五人というように、人々が気ままに集まったり、のんびり歩いたりしている様子を表す慣用表現である。「三人」とか「五人」はいまいち想像しにくいグループで、二人連れ、家族連れのように「二二四四」とでもしたほうがリアルではないかと思われるが、逆にそのリアルさによりイメージがはっきりしすぎるのをきらって、中途半端な数であり語呂もよい「三三五五(さんさんごご)」が選ばれたのではないかと思われる。

 「三三五五」は「目白押し」などと並んで、あまりレトリカルにものを考えたくないテレビやラジオのニュース原稿に無反省に登場する常套句である。(CAS)

この辞典の楽しみ方▼

新作・おすすめnews

◆リンゴ酒だったはず

サイダー

◆首相のこだわり

肝煎り、肝入り

◆八つには切れません

八つ裂き

◆「打つ」ってヘンだろ

手打ち蕎麦

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

→こちらへどうぞ

イラスト付解説

最新イラストはこの下↓

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

最新イラスト

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を