さび

さび

 さびとは、日本人の美意識のひとつで、高齢化して身体の動きが鈍くなっていたり、金属や木材が古くなって腐食していたり、木々が枯れて風景が冷え冷えしていたり、人がいなくなって廃墟化しているものなどに、無理やり見出す価値観のこと。「わび」とともに日本人の風変わりな二大美意識のひとつである。

 俳人松尾芭蕉の「枯枝(かれえだ)に烏(からす)のとまりたるや秋の暮」などの作品が、さびを表現した代表作とされており、少なくとも、気持ちが前向きになるような美意識ではないが、このような作品を鑑賞して心が穏やかになる日本人は多く、ほんの冗談でそんなものが美しいと言っているわけでないことは確かである。(CAS)

さび ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード

最新おすすめワード

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

(過去の作品も登場)

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ