この辞典の使い方「こ」で始まる言葉>虚無僧の意味、語源、由来

カテゴリー:宗教、民間信仰、俗信

虚無僧

こむそう

 虚無僧とは、漢字の字面からは「ニヒルな僧侶」という意味が伝わってくるが、これは当て字で、もとの意味は「こもそう(薦僧)」すなわち「乞食ファッションの僧侶」。そこから「ぼろぼろ」「ぼろんじ」(いずれも破れた汚い衣装を着ている路上生活者のイメージ)など身も蓋もない呼ばれ方をされることもある。

 虚無僧は、普化宗(ふけしゅう)という仏教のマイナーな宗派の修行僧であるが、僧侶でありながら剃髪せず、刀を持ち、独特の深編み笠をかぶって、尺八を吹きながら諸国を廻るという出家しているのかしていないのかわからない中途半端なスタイルによりよく知られ、悪事を働いたかなにかでしかたなく出家しているような武士の間でカルト的な人気があったらしく、時代劇や漫画などでは、忍者や逃亡者の変装ファッション(ただし、すぐ見破られる)として、山伏、薬売りや針売りの行商人などと並んで高い人気を誇っている。

 しばらく前、海外の日本旅行パンフレットでは、尺八をくわえた深編み笠の虚無僧が駅のホームにずらりと並んで新幹線を待っているといった悪夢のような光景が紹介されていたが、日本の実情がよく理解されるようになった昨今ではそんなシュールでおもしろい日本案内もなくなろうとしている。(KAGAMI & Co.)

虚無僧 ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード

最新おすすめワード

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

(過去の作品も登場)

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ