この辞典の使い方「こ」で始まる言葉>御破算になるの意味、語源

カテゴリー:慣用句

御破算になる

ごはさんになる

 ご破算になるの「御破算(ごはさん)」は「ごわさん」と読み、ソロバン(算盤)の用語で、それまでの計算結果(算)を破棄する(破)こと、つまりソロバンの珠を計算を始める前の状態に戻すことであり、いまどきの言葉でいえば「初期化」である。慣用句としての「御破算になる」は、ソロバンで計算を始めるときのように自ら御破算に「する」のではなく、他力が加わって御破算に「なる」と言っているように、いいところまで進んでいた商談が突然破談になるとか、ソロバンで計算していたらくそガキがやってきて珠をどがちゃかにしてしまったとか、ドジってパソコンが初期化してしまいそれまでの作業がムダになったというような、あなたの周辺にはしょっちゅうある残念な状況について用いられる。(CAS)

御破算になる ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

新作・おすすめnews

◆リンゴ酒だったはず

サイダー

◆首相のこだわり

肝煎り、肝入り

◆八つには切れません

八つ裂き

◆「打つ」ってヘンだろ

手打ち蕎麦

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

→こちらへどうぞ

イラスト付解説

最新イラストはこの下↓

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

最新イラスト

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を