御用学者

ごようがくしゃ

 御用学者とは、時の政府や権力者にすりよった学説をとなえ、彼らに重用される学者のことをいう。「御用」とはそのむかし、朝廷や幕府の「公用であること」をいい、御用学者は学者の中でも最も地位の高い存在であった。

 現在の御用学者は、権力者にへつらって平気でウソをつくなんのプライドもない学者であるかのようにとらえられているが、彼らは決してウソをつくわけではなく、権力者にとって都合の悪い学識の一部を「言わない」だけである。そう考えると、御用学者になって一儲けするのは簡単なように思えるが、そもそもわれわれは学者になることが難しいので、まして、「権威ある御用学者」になって金を稼ぐなんてとても無理な話である。(CAS)

この辞典の楽しみ方▼

中国語訳版が近日台湾、香港などで出版される予定!

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

書店、ネット書店等でお買い求めください。定価1.000円+税

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

特選テーマ

カテゴリーインデックス

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を