弘法にも筆の誤り、弘法も筆の誤り

こうぼうにもふでのあやまり

 弘法にも筆の誤り(弘法も筆の誤り)とは、書の大家としても知られる真言宗の開祖・弘法大師(空海)も書き誤りをおかすことがあるという意味で、失敗やミス続きでそれを反省しもしないわれわれ凡人が、少しばかり才能のあるヤツの失敗やミスをとらえて大喜びし、「彼もわれわれ凡人と少しも変わらないじゃないか」と思い込んで自分の凡才をなぐさめたいときに用いることわざである。(CAS)

弘法にも筆の誤り ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

新作・おすすめnews

◆振りまくほうの神です

疫病神

◆あの○△□は何だった

おでん

◆「打つ」ってヘンだろ

手打ち蕎麦

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

→こちらへどうぞ

イラスト付解説

最新イラストはこの下↓

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

最新イラスト

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を