この辞典の使い方「こ」で始まる言葉>小股の切れ上がった

カテゴリー:慣用句

小股の切れ上がった

こまたのきれあがった

 小股の切れ上がったとは、江戸時代ころの女性のスタイルの良さを表現した言葉。小(ちょっとばかり)股が切れ上がった(股が上の方まで切れた)と、危険な香りのする表現だが、要するに「少し脚が長い」、つまりスタイルがよいということ。またこの言葉は、そんな「小股の切れ上がった」スタイルを持つ江戸の女性の、情は厚いがしつこさはなく、明るくさばけた性格の比喩としても用いられる。小股の切れ上がったスタイルとさばけた性格に何の関係があるのかとお疑いの向きは、宝塚歌劇団の男役女優をイメージするとよかろうかと思われる。(CAS)

小股の切れ上がった ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

中国語訳版が近日台湾、香港などで出版される予定!

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

書店、ネット書店等でお買い求めください。定価1.000円+税

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

特選テーマ

カテゴリーインデックス

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を