光陰矢のごとし、光陰矢の如し

こういんやのごとし

 光陰矢の如しとは、あわて者の中国人周光陰くんは、「郵便局に行って来てくれ」と頼まれると、用事も聞かずに矢のように家を飛び出し、息を切らして帰って来たところを「何しに行ったんだ」と問われて、「別に変わったことありませんでした」と答えるしまつで……というのは冗談で、ほんとうの意味は、歳月は飛んで行く矢のようにたつのが速いという意味。「光陰」は、「光」すなわち「日」と、「陰」すなわち「月」で「日月」つまり「月日」「歳月」「時間」ということ。しかしまあ光陰も、「ちょっと待ってくれ」と言っているのに、聞いているのかいないのか、矢のように飛んでいってしまうから、あわて者の周光陰くんにたとえてもたいして違いはなさそうである(違うか)。

 なお「歳月人を待たず」という類似のことわざに登場する中国人陳歳月ちゃんのうわさについては、同項目をご参照ください。(CAS)

光陰矢のごとし ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

中国語訳版が近日台湾、香港などで出版される予定!

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

書店、ネット書店等でお買い求めください。定価1.000円+税

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

特選テーマ

カテゴリーインデックス

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を