ごっこ

ごっこ

 ごっこは、子どもの遊びを言い表すさいに、「鬼ごっこ」「チャンバラごっこ」などと接尾語として用いる。もとは、「せいくらべ」や「うでくらべ」などの「くらべ(競べ)」から来ているようで、要するに「競争」の意味。「くらべ」が「こくら」または「ごくら」と変化し、「ごっこ」になったものらしい。「鬼ごっこ」「チャンバラごっこ」などの使用例は「競争」の意味あいが強いが、「お医者さんごっこ」「電車ごっこ」などは「競争」というより「シミュレーションゲーム」である。しかし「競争」にしても「シミュレーションゲーム」にしても、「ごっこ」遊びは、子どもたちが大人の競争社会や異性との不純交遊や殺し合いの世界を事前に学ぶという重要な役割があるといえるであろう。(CAS)

ごっこ ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

書店、ネット書店等でお買い求めください。定価1.000円+税

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

特選テーマ

カテゴリーインデックス

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を