犬猿の仲

けんえんのなか

 犬猿の仲とは、仲の悪さを犬と猿に例えた言葉。犬とか猿とかいったバカな動物たちは、種の垣根を越えて互いを理解しようとする努力をしないものであるが、現代では犬と猿が接触するケースは少ないので、両者の仲の悪さが他の動物との関係と比較してどの程度のものか知ることは難しい。日本の昔話「桃太郎」のように、犬と猿がホンネはさておき表面上はチームを組んで良好な関係を保っているケースもある。むしろ私たちは「犬猿の仲」ということわざを通じて、「犬と猿というのはすごく仲が悪いんだな」と学習しているような状況だといえる。(CAS)

この辞典の楽しみ方▼

新作・おすすめnews

◆リンゴ酒だったはず

サイダー

◆首相のこだわり

肝煎り、肝入り

◆八つには切れません

八つ裂き

◆「打つ」ってヘンだろ

手打ち蕎麦

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

→こちらへどうぞ

イラスト付解説

最新イラストはこの下↓

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

最新イラスト

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を