建築基準法

けんちくきじゅんほう

 建築基準法とは、日本で建築物を造る場合に守らなければならないルールを定めた法律で、1950(昭和25)年施行された。建築基準法は、あくまで建築の安全性や居住性を確保するための最低ラインを定めた法律なので、もしその基準通りの家を建てたとしたら、天井は低くてストレスがたまり、階段は勾配がきつすぎてじいさんばあさんには上れず、廊下の幅は狭すぎてデブはすれ違うことができない……とまあ、そんな法律である。(CAS)

この辞典の楽しみ方▼

このホームページの拡充のため、ネット関係事業者、制作者、出版関係者の方々の協力を求めています。ご関心のある方は下記までご連絡ください。その他、ご質問、ご意見、記事引用のご相談なども下記までどうぞ。

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

→こちらへどうぞ

イラスト付解説

最新イラストはこの下↓

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

最新イラスト

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を