ケチ

けち

 けちとは、他人に不快感を与えるタイプの節約家のことをいう。友だちと飲みにいって「勘定は割り勘にしよう」というのは「節約家」だが、盛り上がっている最中に早めにきりあげて一人だけ帰ってしまうのは「ケチ」である(ただし、総資産百億ドルの友だちが「割り勘にしよう」と発言したならやっぱり「ケチ」である)。したがって、そういう人物をあしざまにののしりたい場合、「節約」という言葉を使っていくら「節約野郎」とか「節約亡者」などといっても相手はピンとこないが、「ケチ」あるいは「どケチ(関西方面のケチを強調する言い方)」といえば十分真意が通じる。(CAS)

この辞典の楽しみ方▼

新作・おすすめnews

◆振りまくほうの神です

疫病神

◆あの○△□は何だった

おでん

◆「打つ」ってヘンだろ

手打ち蕎麦

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

→こちらへどうぞ

イラスト付解説

最新イラストはこの下↓

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

最新イラスト

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を