薬九層倍

くすりくそうばい

 薬九層倍(くすりくそうばい)とは、薬は原価の九倍もの値段で売られるという意味で、商品の売価は必ずしも原価や仕入れ値との関係で決まらないというマーケティングの基本的な考え方を例証していることわざ。「層倍」は「倍」を強めた言い方。「薬九層倍」は現代にも通じる例えであるが、さらにわかりやすくいえば「化粧品九十層倍」といったところである。(CAS)

薬九層倍 ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

新作・おすすめnews

◆リンゴ酒だったはず

サイダー

◆首相のこだわり

肝煎り、肝入り

◆八つには切れません

八つ裂き

◆「打つ」ってヘンだろ

手打ち蕎麦

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

→こちらへどうぞ

イラスト付解説

最新イラストはこの下↓

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

最新イラスト

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を