苦しい時の神頼み

くるしいときのかみだのみ

 苦しい時の神頼みとは、普段信仰心のない人も切羽詰まったときには神仏にすがるものだという人間心理をついた皮肉なことわざだが、見方をかえれば、人間切羽詰まったときには最も頼りにならない相手にも救いを求めるものだという意味の「溺れる者は藁にもすがる」の姉妹編と解釈することもできる。(CAS)

苦しい時の神頼み ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

新作・おすすめnews

◆リンゴ酒だったはず

サイダー

◆首相のこだわり

肝煎り、肝入り

◆八つには切れません

八つ裂き

◆「打つ」ってヘンだろ

手打ち蕎麦

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

→こちらへどうぞ

イラスト付解説

最新イラストはこの下↓

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

最新イラスト

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を