空気

くうき

 空気とは、神様がコレクションを飼育している水槽の中の水。

 日本では、人間と人間に挟まれた隙間である「間」を充填し、五感に感じられないなにものかを「空気」と呼んでいる。その正体は、人間関係の中で人をある行動に仕向けようとする力で、それに逆らうと恥辱、疎外感、不安感をもたらすため、日本人は「場の空気を読み」「場の空気に従う」努力を常におこたらない。

 「気」も似たような意味があるが、こちらは人間と人間の間に限らず、人間の内部や宇宙全体などところかまわず漂い、人間の行動に影響を与える要素を表している。また、空気が動くと「風(かぜ、ふう)」になるが、これは空気が動いて肌に感じられるようになったものであることから、空気よりわかりやすい変化や物事の状態を表している。(CAS)

空気 ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

新着ワーズ

こちらへどうぞ

最新新着はこの下を見て

きまぐれおすすめワーズ

こちらへどうぞ

最新新着はこの下

カテゴリーインデックス

最新イラスト(ずっと下にもあります)

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

→こちらへどうぞ

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

イラストギャラリー

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ