愚痴

ぐち

 愚痴とは、物忘れ、短気と並ぶ年寄りの才能のひとつで、相手の意志を曲げることはできないが、気分を害する程度の力はある不平不満を言うこと。また、当の本人ではない人に対してぶつける不平不満のこと。

 年寄りの愚痴は聞いてやれと言われるが、愚痴の聞き手はストレスがたまり、他の他人に愚痴をこぼしてストレスを解消する。つまり、愚痴は飛沫感染の伝染病である。

 「愚痴」の語源は、サンスクリット語のmoha(モーハ)で、真実に暗い、つまり無知、バカという意味。中国で意訳された「愚痴」が日本に伝わり、言ってもしかたないことを言うこと、つまりバカみたいな発言を意味するようになったものである。(CAS)

この辞典の楽しみ方▼

新作・おすすめnews

◆あの○△□は何だった

おでん

◆リンゴ酒だったはず

サイダー

◆首相のこだわり

肝煎り、肝入り

◆「打つ」ってヘンだろ

手打ち蕎麦

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

→こちらへどうぞ

イラスト付解説

最新イラストはこの下↓

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

最新イラスト

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を