この辞典の使い方「く」で始まる言葉>口を酸っぱくの意味

カテゴリー:慣用句

口を酸っぱく

くちをすっぱく

 口を酸っぱくとは、「口を酸っぱく意見し続けたが聞く耳を持たない」などと用いるように、忠告や苦言を何度も繰り返して言うことを意味し、相手の耳に「タコ」を養殖する方法である。

 「口を酸っぱく言う」は「口の中が酸っぱくなるほど言う」という言い方を短縮したものと考えられる。「苦言」つまり「苦い言葉」を吐き続けるのだから、「口が苦くなるほど」というのが適当ではないかとも思え、なぜ「酸っぱくなる」と表現しているのかは定かではない。しかし、①興奮してものを言ったり、しゃべり続けたりすることを「唾を飛ばす」「口角泡を飛ばす」などと言うように、湧き上がる唾をぬぐいもせずに話す様子を、酸っぱいものを見るだけで唾が涌いてくる感覚と重ね合わせている、②何度も何度も同じことを延々と言い続けているために言葉が古くなり、劣化(つまり酸化)あるいは発酵して酸っぱくなるという感覚、③苦言などの文句を言うときの口をつきだす表情が酸っぱいものを食べたときの表情に似ている……とまあ、推測するだけならいくらでもできる(すべて私見です)。(CAS)

口を酸っぱく ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

新作・おすすめnews

◆リンゴ酒だったはず

サイダー

◆首相のこだわり

肝煎り、肝入り

◆八つには切れません

八つ裂き

◆「打つ」ってヘンだろ

手打ち蕎麦

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

→こちらへどうぞ

イラスト付解説

最新イラストはこの下↓

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

最新イラスト

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を