この辞典の使い方「く」で始まる言葉>クローンの意味、語源

カテゴリー:動物、植物

カテゴリー:外来語、和製外来語

クローン

くろーん

 クローンとは、一個の細胞が細胞分裂して増えた同一の遺伝子構成をもつ細胞集団のこと。クローンを人工的に作り出す技術は、やや知的にレベルの高いしろうとには、「我思うゆえに彼あり」または「彼思うゆえに我あり」という事象が実現する期待を、われわれ同様というおバカなしろうとには「クローンを働かせて、オレは遊んでくらす」というぐうたら生活の期待をいだかせる夢の技術である。一方、宗教界などからは、精子も卵子も使わずに人間や動物を作ってしまうというような行為は、神様だけに許された退屈しのぎのお遊びであるという批判が当然のように巻き起こっている。

 cloneは、ギリシャ語で小枝を意味するklonから派生した言葉。日本語でも「分枝(ぶんし)系」というような訳語もある。klonから分枝したにしてはとんでもないクローンが生まれたものである。(CAS)

この辞典の楽しみ方▼

新作・おすすめnews

◆リンゴ酒だったはず

サイダー

◆首相のこだわり

肝煎り、肝入り

◆八つには切れません

八つ裂き

◆「打つ」ってヘンだろ

手打ち蕎麦

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

→こちらへどうぞ

イラスト付解説

最新イラストはこの下↓

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

最新イラスト

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を