魚肉ソーセージ

ぎょにくそーせーじ

 魚肉ソーセージとは、魚のすり身を使ってソーセージ風に仕立てた日本独特の食品。かにかま(かにかまぼこ)の先祖にあたるとみられるが、いずれも身元を偽った商品であるので、その血縁関係は明らかではない。

 魚のすり身を使うなら、昔からあったかまぼこやちくわなどで十分のようにも思えるが、魚は嫌いだがソーセージなら食べるというばかな子どもが多かったため、そのいかがわしい赤い色ともあいまって安上がりな魚肉ソーセージは戦後大ヒットした。(CAS)

魚肉ソーセージ ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

新作・おすすめnews

◆おまえ、大阪もんだな

いらち

◆皿を食うわけじゃない

毒を食らわば皿まで

◆ホームズ氏耳を疑う

耳を疑う

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

→こちらへどうぞ

イラスト付解説

最新イラストはこの下↓

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

最新イラスト

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を