義理チョコ

ぎりちょこ

 日本ではバレンタインデーに女性から男性にチョコレートをプレゼントするという習慣があるが、義理チョコとは、社会のオキテに従って上司や先輩に渡すチョコレートという意味で、バレンタインデーに大量に配られる安価なチョコレートのことをいう。「義理チョコ」の対語は「本命チョコ」であり、真剣に好意を抱いている男性に渡される。渡されたチョコレートが「本命」であるか「義理」であるかは、「本命」の方は密かに渡され、「義理」の方は大勢の見ている前でハトにえさを与えるかのように次々と義務的に配られるから一目瞭然である。義理チョコをもらった男性は、「彼女には愛されていないのだな」という事実を確認して、ほっと一息つくのである。

 しかし、社会のオキテを強めるだけの義理チョコも、わざわざその日を待って告白するなんてばかばかしいと思える本命チョコも、近年衰退傾向にあり、それらに代わり、一年に一回くらいは贅沢なチョコレート食べてみたいという本来の動物的な欲望に準じた友チョコ(女友だち同士で交換するチョコ)や、自分チョコ(自分にプレゼントするチョコ)が盛んになっている。(CAS)

義理チョコ ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード(ずっと下にもあります)

おすすめワード(ずっと下にもあります)

カテゴリーインデックス

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ