この辞典の使い方「き」で始まる言葉>忌憚ない、忌憚のないの意味

カテゴリー:慣用語、擬声語、擬態語

カテゴリー:図解付き解説

忌憚ない、忌憚のない

きたんない、きたんのない

  忌憚ない(忌憚のない)の「忌憚」は、忌むことつまりタブーと、憚ることつまり遠慮。したがって「忌憚ない」とは、「タブーや遠慮なしに」という意味。

 会議などで上司が「きょうは忌憚ない意見を聞かせてくれたまえ」などと発言した場合は、自分の意見を率直に話してもよいということで、いわば「プチ無礼講」だが、それを真に受けて忌憚ない意見を披露しようものなら、会議の後で上司の無慈悲な仕打ちが待っている。

 しかし、最近のデキる社員は、「こいつは社内的に力がないから、言いたいことを言ってもオレの立場には影響ないな」と上司を値踏みしているので、飲み会でへたに「忌憚ない意見を聞かせて」と口走ってしまうと、さんざん悪口雑言を浴びせられたうえに、「課長がそんなんだから、うちの課はいつも冷やメシを食わせられるんですよ。しっかりしてくださいね」などととどめをさされて撃沈することになるから、自信のない上司のみなさまはくれぐれも軽はずみな発言は避けていただきたい。(KAGAMI & Co.)

カテゴリー:図解付き解説

忌憚ない、忌憚のない ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード(ずっと下にもあります)

おすすめワード(ずっと下にもあります)

カテゴリーインデックス

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ