九死に一生を得る

きゅうしにいっしょうをえる

 九死に一生を得るとは、九回死んで一回生き返るというような忙しい状況を言い表した言葉ではなく、死んでもおかしくない状況で奇跡的に助かるという意味である。「九死に一生」ともいう。「九死」は九回死ぬのではなく、「九分通り死ぬ運命であった」という意味で、「九死に一生を得る」は90%の確率で死に瀕していたが、残りの10%の幸運にめぐりあって生還したということ。いわば、「90%助かりません」と医者に言われた患者が生還したようなもので、数字を冷静にみれば「奇跡的」というには物足りない生還率であるが、「10%の生還率」はぎりぎりのリアリティがあり、九死(90%の死)と一生(10%の生)の割合は、当の本人にしてみれば「奇跡」を実感するにふさわしい心憎い配分であるといえよう。(CAS)

九死に一生を得る ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード(ずっと下にもあります)

おすすめワード(ずっと下にもあります)

カテゴリーインデックス

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ