金は天下の回りもの

かねはてんかのまわりもの

 金は天下の回りものとは、金銭は世の中をめぐりめぐっているものであり、真面目に働いていればいつかは自分のもとにも回ってくるかもしれないという庶民の淡い期待を表した言葉。しかし、その回るスピードはあまりに速いので、庶民は自分の手もとに金が入ったことさえ気づかない。一方、大量の金がひしめいている場所では金は交通渋滞を起こし、いつまでもそこに滞留する傾向にある。

 このような実情からして、庶民としては、金は「天下」の回りものというより、「天上」の回りものと言いたいところである。(CAS)

金は天下の回りもの ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

このホームページの拡充のため、ネット関係事業者、制作者、出版関係者の方々の協力を求めています。ご関心のある方は下記までご連絡ください。その他、ご質問、ご意見、記事引用のご相談なども下記までどうぞ。

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

→こちらへどうぞ

イラスト付解説

最新イラストはこの下↓

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

最新イラスト

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を