この辞典の使い方「か」で始まる言葉>郭公、カッコウの意味

カテゴリー:動物、植物

郭公、カッコウ、カッコー

かっこう、かっこー

 郭公(カッコウ、カッコー)とは、「カッコー、カッコー」と鳴くその鳴き声から名前がつけられた鳥。「閑古鳥(かんこどり)」ともいう。夏に飛来する渡り鳥で、山地の森林などに生息するので、キツツキなどとともに避暑地のアイドル的な存在となっているが、実は、卵を他の鳥の巣に産み付け、孵化したひな鳥はドラえもんのジャイアンみたいにでかいやつなので他のひなを全部けちらして、哀れな親鳥からのうのうとエサをもらって成長する、親も親なら子も子という、血も涙もない人でなし(鳥だけれども)の鳥なのである。(CAS)

郭公、カッコウ ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

このホームページの拡充のため、ネット関係事業者、制作者、出版関係者の方々の協力を求めています。ご関心のある方は下記までご連絡ください。その他、ご質問、ご意見、記事引用のご相談なども下記までどうぞ。

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

→こちらへどうぞ

イラスト付解説

最新イラストはこの下↓

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

最新イラスト

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を