片道切符

かたみちきっぷ

 片道切符とは、鉄道などの目的地までの乗車券という意味だが、流行歌の歌詞などでは、帰りの乗車券は目的地で買うつもりというような面白みのない意味あいではなく、一途な恋心を秘めた帰る意思のない旅、あるいは傷心を癒すための帰るあてのない旅の暗喩として用いられる。1959年に日本で大ヒットしたニールセダカの『恋の片道切符』以降、日本の流行歌にしばしば見られるステレオタイプの詩語である。(CAS)

この辞典の楽しみ方▼

新作・おすすめnews

◆リンゴ酒だったはず

サイダー

◆首相のこだわり

肝煎り、肝入り

◆八つには切れません

八つ裂き

◆「打つ」ってヘンだろ

手打ち蕎麦

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

→こちらへどうぞ

イラスト付解説

最新イラストはこの下↓

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

最新イラスト

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を