この辞典の使い方「か」で始まる言葉>片棒を担ぐの意味、語源

カテゴリー:慣用句

片棒を担ぐ

かたぼうをかつぐ

 片棒を担ぐとは、二人でかつぐ駕籠やもっこの片方を担当するという意味で、計画、主に悪事に荷担することをいう。似たような言葉に「先棒を担ぐ」「後棒を担ぐ」があるが、「先棒を担ぐ」は棒の前をかつぐ意で、人の手先として使われる、「後棒を担ぐ」は棒の後をかつぐ意で、主犯格の手助けをする(させられる)場合に使用される。これに対して「片棒を担ぐ」は、棒の前後いずれかをかつぐという意で、当方にもかつぐ位置の選択権があり、比較的対等な立場で計画に参画するという意味あいで用いられる。早い話が、「先棒を担ぐ」や「後棒を担ぐ」では、悪事が成功してもバイト代くらいしかもらえないが、「片棒を担ぐ」となると稼ぎの半分、悪くても40%くらいは頂戴できる立場だということである。(CAS)

片棒を担ぐ ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

中国語繁体字版『笑談日本語』台湾、香港などで発売!

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

書店、ネット書店等でお買い求めください。定価1.000円+税

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

特選テーマ

カテゴリーインデックス

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を