この辞典の使い方「か」で始まる言葉>カラスの意味、語源

カテゴリー:動物、植物

烏、鴉、カラス

からす

 カラス(烏、鴉)とは、人間を見下している態度が見え見えの黒い鳥(確かにカラスより頭のわるいヤツはそこそこいるけれども)。実際にカラスは知能の発達した鳥であり、見た目のかわいげのなさや真っ黒い不吉なイメージ、さらにゴミを荒らしたり、農作物を盗んだりという生態など、いいところはひとつもないにもかかわらず、大量捕獲、虐殺もされず人間社会の中生き抜いてきたのは、人間とそこそこ距離をとりつつ、ずるがしこく立ち回ってきたからではないかと思われる(もちろん、食べてもうまくないという理由も大きいだろう)。

 日本語の「からす」は、「かあかあ(現代の鳴き声)」という鳴き声から来たとも、「黒し(くろし)」が転じたとも、さまざま説がある。漢字の「烏」は、真っ黒で目の位置がはっきりわからないところから、「鳥(とり)」の形の目の部分を取ったもの。「鴉」の「牙(きば)」は、くちばしの形から来ているようである。(CAS)

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード(ずっと下にもあります)

おすすめワード(ずっと下にもあります)

カテゴリーインデックス

読者のご指摘により、当サイトの引用、転載についての注意点を改訂しました。詳しくはトップページをご覧下さい。

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ