桂離宮

かつらりきゅう

 桂離宮とは、江戸時代、京都に造営された貴族の別荘。それを見た海外のある建築家が、あまりの美しさに泣き出しそうになったという、魔性の女のような建築。

 その建築家とは、ドイツ出身のブルーノ・タウト。桂離宮を洗練された知的な日本女性である(とは、言わなかったが)と賞賛する一方、日光東照宮はこてこてのケバい商売女であり(とは、言わなかったが)、本来の日本らしい姿ではないとしてこきおろした。(CAS)

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード(ずっと下にもあります)

おすすめワード(ずっと下にもあります)

カテゴリーインデックス

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ