数えるほど、数える程

かぞえるほど

 数えるほどは、主に「数えるほどしかない」という使われ方をされ、数が少ないという意味である。人間はその気になれば物の数をかなり多くまで数えられるが、この「数えるほど」は「指折り数えるほど」の「指折り」を略したものである。指を折って勘定できるのは片手で5まで、両手を使っても10までであり(「折り返せばいくらでも数えられる」というような反論はこのさいひかえてほしい)、「使える人材は数えるほどだ」と言えば、「せいぜい数人しかいない」という意味となり、いくらでも人材がいるだろうと高をくくっていたら予想以上に少なかったというがっかり感を言い表している。逆に、数人も使えるヤツがいれば十分だろうと考えていたところに、何人も優秀な者がいた場合は「使える人材は十指に余る」ということになる。(CAS)

この辞典の楽しみ方▼

中国語訳版が近日台湾、香港などで出版される予定!

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

書店、ネット書店等でお買い求めください。定価1.000円+税

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

特選テーマ

カテゴリーインデックス

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を