この辞典の使い方「か」で始まる言葉>壁に耳あり障子に目ありの意味

カテゴリー:ことわざ、故事成語、名言、名句

壁に耳あり障子に目あり

かべにみみありしょうじにめあり

 壁に耳あり障子に目ありとは、壁にはむこう側で耳を押し当ててて聞いているやつがあり、障子には穴を開けて除いているやつがいるという意味で、日本の家屋は隣の声が筒抜けの薄い壁や、つばで濡らせばすぐ穴があく紙を張った障子で仕切られており、盗み聞きやのぞき見に対して無防備なのだから、大胆な性行為は控えなさいという戒めに満ちたことわざ。(CAS)

壁に耳あり障子に目あり ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード(ずっと下にもあります)

おすすめワード(ずっと下にもあります)

カテゴリーインデックス

読者のご指摘により、当サイトの引用、転載についての注意点を改訂しました。詳しくはトップページをご覧下さい。

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ