カツサンド

かつさんど

 カツサンドとは、カツレツ・サンドイッチあるいはトンカツ・サンドイッチの略で、すっかり和食化してしまった豚肉のカツレツ(トンカツ)を、西洋料理にもどそうという運動の結果うまれた食べ物、すなわちトンカツのルネサンスである(注:そんな「運動」も「ルネサンス」も事実ではありません)。日本のトンカツは、西洋発祥の料理だが、いまや西洋料理のようにパンを添えて食べる気にはなれないほど、和食化している。しかし、トンカツをパンにはさんだカツサンドはおおいに「アリ」で、いくらトンカツソースなどという日本のソースがパンにしみこみ、丼物の「つゆだく」感をかもしだしていたとしても、やはり血は争えないものだと納得させられる。(CAS)

カツサンド ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード(ずっと下にもあります)

おすすめワード(ずっと下にもあります)

カテゴリーインデックス

読者のご指摘により、当サイトの引用、転載についての注意点を改訂しました。詳しくはトップページをご覧下さい。

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ