この辞典の使い方「か」で始まる言葉>カッパ巻きの意味、語源

カテゴリー:食文化、料理、食品、食材

カテゴリー:図版付き解説

カッパ巻き

かっぱまき

 カッパ巻き(河童巻き)とは、キュウリを芯にした海苔巻き寿司で、かんぴょう巻きと並ぶ野菜をネタにした珍しい寿司であり、しかもかんぴょう巻きのように具に仕事が施されている(調理されている)わけでもなく、スティックタイプの生のキュウリがそのまま巻かれているという、最もやる気のない寿司である。キュウリがカッパの好物であることからこの名前が付けられたといわれるが、カッパがキュウリを食べているところを目撃されたことはなく(そもそもカッパそのものがあまり人の目にふれない)、そのむかし、腹を空かせたカッパのような悪ガキがさかんにキュウリを盗んで食った(低い枝にぶらさがっていて取りやすいし、生でもそこそこ食える)ことから、そんなウワサが広まったのではないかと思われる。

 カッパ巻きは見るからに原価が安いので、回転寿司で回っていても誰も取ろうとはせず、子どもがそんなものに手を伸ばそうものなら「鉄火巻きにしなさい」などと叱られる(カッパ巻きも鉄火巻きも同じ値段である場合が多いからだが、値段が違えば話は別である)。職人もそのあたりを心得ているし、巻物は作るのが面倒なので、はじめからレーンに乗せようとはしない。(CAS)

カッパ巻き ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード(ずっと下にもあります)

おすすめワード(ずっと下にもあります)

カテゴリーインデックス

読者のご指摘により、当サイトの引用、転載についての注意点を改訂しました。詳しくはトップページをご覧下さい。

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ