がらんどう、伽藍堂

がらんどう

 がらんどう(伽藍堂)とは、仏教寺院の建物を意味する「伽藍堂宇(がらんどうう)」の略。仏教寺院は大きさの割には中にあまり物が置かれていないので、「がらんどう」はからっぽの大きい空間を例えていう慣用句として用いられている。日本の大半の家は規模が小さいので、貧乏で家具がなにもなくても「がらんどう」とは呼ばれない。売れない芸人が登場していて、劇場に観客がまばらな状態を「がらがら」と表現するが、これも「がらんどう」からきている。売れない芸人は「がらんどう」と呼ばれるほど大きな劇場には出演できるはずもないので、代用の「がらがら」で済まされているのである。(CAS)

この辞典の楽しみ方▼

新作・おすすめnews

◆リンゴ酒だったはず

サイダー

◆首相のこだわり

肝煎り、肝入り

◆八つには切れません

八つ裂き

◆「打つ」ってヘンだろ

手打ち蕎麦

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

→こちらへどうぞ

イラスト付解説

最新イラストはこの下↓

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

最新イラスト

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を