かます、噛ます

かます

 かます(噛ます)とは、(相手に)歯でくわえさせる、物と物のすき間に他の物をはさむという意味だが、「食わせ者」の「食わせる」と同様、相手に攻撃をくわえる、だます、あざむく、しかけるという意味の俗語的表現としてしばしば用いられる。漫才でいう「ボケをかます」「ギャグをかます」は、「ボケを言う」「ギャグをする」という意味であるが、その裏に「ボケやギャグをしかけて客を大笑いさせる」という攻撃的な意図を含んでいる。したがって、下品なおじさんがおならをした後「一発かましてやった」と言ったときは、単に「おならをした」といいたいわけではなく、おならの音や臭いを周囲の連中に充分味わわせてやったという、はた迷惑な攻撃的意図が含まれているのである。(CAS)

この辞典の楽しみ方▼

新作・おすすめnews

◆リンゴ酒だったはず

サイダー

◆首相のこだわり

肝煎り、肝入り

◆八つには切れません

八つ裂き

◆「打つ」ってヘンだろ

手打ち蕎麦

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

→こちらへどうぞ

イラスト付解説

最新イラストはこの下↓

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

最新イラスト

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を