この辞典の使い方「お」で始まる言葉>男は閾を跨げば七人の敵ありの意味

カテゴリー:ことわざ、故事成語、名言、名句

男は閾を跨げば七人の敵あり

おとこはしきいをまたげばしちにんのてきあり

 男は閾を跨げば七人の敵ありとは、男は社会に出れば数多くの敵がいるものだということわざ。「七」は統計的な数値ではなく、「数え切れないほどではないがかなり多い」という意味あいを表す数字。「閾を跨げば七人の敵あり」は、「男」でなくても当てはまる真実だが、このことわざは「少しは家事も手伝ってくれない?」とうるさく迫る奥様に、亭主が家事を手伝えない理由として用いるのに適しているので、やはり「男」でなくてはならないのである。(CAS)

男は閾を跨げば七人の敵あり ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード(ずっと下にもあります)

おすすめワード(ずっと下にもあります)

カテゴリーインデックス

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ