この辞典の使い方「お」で始まる言葉>尾ヒレが付くの意味

カテゴリー:慣用句

尾鰭が付く、尾鰭を付ける

おひれがつく、おひれをつける

 尾鰭が付く(尾鰭を付ける)とは、魚の胴体に尾や鰭(ひれ)が付くように、本体にさまざまな付属物が付くという意味で、実際の出来事に誇張やウソが加わって、うわさ話がおもしろおかしく発展するさまを言ったもの。「話に尾ヒレが付く」「尾ヒレを付けて他人に話す」などと用いる。歴史好きの老人に過ぎない殿様が、たった二人の家来を連れて諸国を巡り歩き、毎週のように悪者を退治していくというような話となるのが、「尾鰭が付いた話」の典型である。(CAS)

尾鰭が付く ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード(ずっと下にもあります)

おすすめワード(ずっと下にもあります)

カテゴリーインデックス

読者のご指摘により、当サイトの引用、転載についての注意点を改訂しました。詳しくはトップページをご覧下さい。

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ