この辞典の使い方「お」で始まる言葉>大目に見るの意味

カテゴリー:慣用句

大目に見る

おおめにみる

 大目に見るとは、サイズの大きい目で見るように見るという意味だが、少女漫画のようなかわいく潤んだ目で見るという意味ではなく(そのような意味だったら、たぶん「大目で見る」というはず)、神様の大きな目では、人間のちまちました不正行為や誤りをいちいち細かくチェックしていられないことから、人の犯した不正や誤りをきびしく追求しないという意味あいで用いられる。

 「大目に見る」は、「罪を憎んで人を憎まず」といった宗教的精神ではなく、その人の犯した罪が自分には直接被害をもたらさなかった第三者の精神的余裕(高見の見物的無関心さ)による罪の許しを表す言葉である。(CAS)

大目に見る 関連用語

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード(ずっと下にもあります)

おすすめワード(ずっと下にもあります)

カテゴリーインデックス

読者のご指摘により、当サイトの引用、転載についての注意点を改訂しました。詳しくはトップページをご覧下さい。

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ