この辞典の使い方「お」で始まる言葉>オブジェの意味、語源、由来

カテゴリー:芸術、美術、工芸

カテゴリー:外来語、和製外来語

オブジェ

おぶじぇ

 オブジェ(objet)はフランス語。英語のobjectと同じで、見たり触れたりするこができる「物体」、または思考や行動の「対象」を意味するが、フランス語圏以外でこのフランス語があえて用いられる場合は、主にアートにおける立体作品のジャンルをいう。

 アートの分野で「オブジェ」は、「彫刻(sculpture,etc)」と対照的に用いられる。彫刻が石や木などの素材に手を加えて人物や動物など「別のもの」のイメージを作り上げるのに対して、オブジェは素材そのものの美しさ、存在感、意味、用途などに注目する点が特徴。フランスのアーティスト、マルセル・デュシャンが市販の便器に「泉」と題して展示会に出品したとき、その作品は「レディメイド(市販品)」の「オブジェ」というジャンルに分類された。その後、この究極の手抜きの手法は、不器用な彫刻家やめんどくさがりのアーティストに愛され、さまざまな種類のオブジェ作品を生み出して(その大半が本来の素材そのもの、つまりガラクタにもどっているが)現代にいたっている。(CAS)

オブジェ ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード(ずっと下にもあります)

おすすめワード(ずっと下にもあります)

カテゴリーインデックス

読者のご指摘により、当サイトの引用、転載についての注意点を改訂しました。詳しくはトップページをご覧下さい。

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ