お預け、おあずけ、御預け

おあずけ

 お預け(おあずけ)とは、人間社会のルールに従わせるためのしつけ、というようなタテマエで犬をなぶる行為。すなわち、食欲全開の犬の目の前にエサを置いて、「よし」というまで食べさせないという、権力者のおごりがなせるわざである。

 お預けの「預け」は、自分の持ち物を他の人に渡し、世話や管理を頼むことである。犬の食べ物は、本来飼い主の持ち物であるから、犬がお預けを食らわされるのもやむをえないことであって、それがわかっているから犬も、飛びかかって強奪したい衝動を涙ぐましくもぐっとこらえているのである。(CAS)

この辞典の楽しみ方▼

新作・おすすめnews

◆おまえ、大阪もんだな

いらち

◆皿を食うわけじゃない

毒を食らわば皿まで

◆ホームズ氏耳を疑う

耳を疑う

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

→こちらへどうぞ

イラスト付解説

最新イラストはこの下↓

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

最新イラスト

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を